渕上玲子の高校•大学は?偏差値67の一橋卒も弁護士志望じゃなかった?! | りらちるたいむ
PR

この記事ではアフィリエイト広告を使用しています。

渕上玲子の高校•大学は?偏差値67の一橋卒も弁護士志望じゃなかった?!

日本弁護士連合会の会長となった渕上玲子さん。

女性初の会長ということで

注目が集まっています。

法曹界のトップとなった渕上さんが

どこの学校に通っていたのかも

気になりますよね。

今回は

渕上玲子さんの学歴について

まとめました。

渕上玲子のプロフィール

渕上玲子さんのプロフィールをご紹介

  • 名前 渕上玲子(ふちがみ れいこ)
  • 生年月日 
  • 出身地 長崎県西海市

長崎県出身の渕上玲子さん。

2017年に女性初の東京弁護士会会長

日本弁護士連合会副会長を務めた弁護士です。

2024年には日本弁護士連合会会長に選出

女性初の会長として活躍が期待されています。

弁護士として40年以上のキャリアを持つ

渕上玲子さんの家族については

こちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

【学歴】渕上玲子の中学・高校・大学は?

大学 学校

女性初の法曹界トップということで

その活躍が期待されている渕上玲子さん。

学生時代についても気になりますよね。

渕上玲子さんの学歴をご紹介します。

スポンサーリンク

渕上玲子の小学校は?

二宮金次郎 学校 小学校 中学校 高校 銅像

渕上玲子さんが通っていた小学校は

わかっていません

長崎県西海市大島出身の渕上さん。

西海市内の小学校に通っていたのでしょう。

大島にある小学校は

  • 大島小学校
  • 大島西小学校
  • 崎戸小学校
  • 大島東小学校

崎戸小学校・大島西小学校・大島東小学校は

令和4年に『大崎小学校』となっています。

少人数でアットホームな学校で

育ったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

渕上玲子の中学は?

高校 教室 中学校 小学校

渕上玲子さんが通っていた中学は

わかっていません

大島に住んでいた渕上玲子さん。

大島の中学校に通っていたと思われますが、

どこの学校かは明らかになっていません。

候補と言われる中学校は

  • 大島中学校
  • 崎戸中学校

2012年に統合され『大崎中学校』となっています。

2011年まではこの2校であったため、

どちらかの中学に通っていたのでしょう。

スポンサーリンク

渕上玲子の高校は?

大学

渕上玲子さんが通っていた高校は

わかっていません

高校のときに、父の転勤により

千葉県の進学校に通うことになったという渕上さん。

どこの高校に通っていたのかは

明らかになっていません。

候補と言われる高校は

  • 千葉県立船橋高等学校 偏差値『70』
  • 千葉県立東葛飾高等学校 偏差値『70』
  • 渋谷教育学園幕張高等学校 偏差値『74』
  • 市川高等学校 偏差値『73』

一橋大学への進学率が高い千葉県内の高校です。

どこの学校も偏差値の高い進学校ですね。

これらの学校のどこかに

通っていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

渕上玲子の大学は?

大学

渕上玲子さんが通っていた大学は

一橋大学法学部

一橋大学は東京都内にある国立大学で

法学部の偏差値は『67.5』

かなり頭のいい学校であることがわかりますね。

一橋大学の卒業生には

  • 吉田茂(元総理大臣)
  • 高橋はるみ(元北海道知事)
  • 森圭介(アナウンサー)
  • 水野良樹(ミュージシャン・いきものがかり)

などがいます。

スポンサーリンク

弁護士ではなく裁判官になりたかった?!

裁判 弁護士

弁護士として活躍している渕上玲子さん。

しかし最初になりたかったのは

裁判官

だったようですね。

自立した職業に就くことを決めていましたので、“裁判官になるために司法試験を受ける”という目標をもって、高校や大学を選びました。

はたらく×らいふ

千葉県内の進学校を経て、

一橋大学に進学した渕上玲子さんですが、

大学での成績や実務実習での経験から

自分の性に合わない』と感じたんだとか。

その後、弁護士の方が自分に向いていると感じ

弁護士になることを決めたそうです。

弁護士の方は生の事件でいろいろな人に関わることができ、活動的なところが自分に向いていると思い、弁護士の道に進むことを決めました。 

はたらく×らいふ

弁護士の道を選んだことで

『一時保育サービス』を実現したり

女性の社会進出を進める環境づくりなど

活躍の場を広げて行ったのでしょう。

スポンサーリンク

法学部を目指したきっかけは改名?!

弁護士 裁判

渕上玲子さんが法律の道に進んだきっかけは

子どもの頃に改名した経験があったから

渕上玲子さんの名前は生まれたとき

冷子

という漢字だったんだとか。

役所に『冷』という漢字しか使えないと言われ

届出を出していたそうですが、

それが原因で口論になることも多かったそうです。

そのため幼稚園の時に

家庭裁判所に改名の申立てをした渕上さん。

その際に裁判官と直接話をしたことが

法律の世界に興味を持つきっかけとなったそうです。

幼稚園のころ家庭裁判所に名前の変更の申立てをし、裁判官と直接話をする 機会がありました。子ども心に日常とは違う独特の世界で仕事をしているように感じ、名前の字まで 変えてくれる裁判官に憧れを抱くようになりました。

はたらく×らいふ

子どもの名前を改名するために

家庭裁判所に申立てをすることを決めた両親の

行動力も素晴らしいですが、

こうした経験が将来の夢のきっかけとなるなんて素敵ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[/info]
話題の人物
スポンサーリンク
りらちるたいむ